Untitled

おおつぼ正尚

​​大阪維新の会 羽曳野市 市政対策委員

私は、そもそも政治に興味があったわけではありませんでした。どちらかというと政治には縁もゆかりもない生活を送っていました。そんな私が、生まれ育った街「羽曳野」の未来を思ったとき、自らの役割を考えました。市民の生活に対する声をしっかりと政治に反映させ、直結させる。今の時代だけではなく、私たちの子どもや孫の世代まで、未来への責任を持った政治を行うべきだと考えております。 私の政策や羽曳野市に対する想いなどをご覧ください。皆様の温かいご支援を宜しくお願い申し上げます。

 

政治に対する想い

​政治は生活に直結する

これからの日本は人口減少、超少子高齢化が加速していく中で、島国の中だけで物事を完結させることは困難になってきます。しかしながら、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言、またそれに伴う人流の減少、インバウンド需要の減少により日本経済は非常に厳しいものとなっています。私の生まれ育った大阪府羽曳野市においても、飲食店をはじめ各業界で影響が及んでいます。こんな時こそ、政治が強力なメッセージを発信し、実行することで市民の生活が守られると考えます。

まずは、感染拡大を食い止める。その後は、経済を再生させる。これを第一に実行していかなければなりません。

オリパラ開催により、くしくも注目を集めたジェンダーフリー。

様々な多様性を受け入れ、それが当たり前の社会を築いていくことというのは、昔の考えのままでは非常に難しい事だと私は思います。子ども達にも胸を張れる時代を創る。それが、私たち政治家そして大人の役割であると思います。

Untitled
 
Untitled

羽曳野市に対する想い

私は、大阪府羽曳野市で育ちました。幼稚園の頃から野球が大好きで、少年野球から高校野球まで十数年続けました。その間、地域の大人に育てていただきました。高校卒業後は、プロゴルフという世界でさまざまな貴重な経験をさせていただきました。結婚を機に、羽曳野へ戻ってきた時、みんな優しく迎え入れてくれました。こんな温かい故郷が自分にあった事をはじめて思い知りました。いつか、この故郷の為に恩返しをしたいと思ってこの10年仕事をしてきました。同志である、やまのは市長、西元府議が誕生した現在、自分が恩返しをする時がきたと思っております。

これまでの数十年間、近隣市町村に大きく後れを取っていた羽曳野市が、いよいよ府市連携体制が整い、改革を前進させる準備が出来ました。

大阪維新の会は、私「おおつぼ正尚」を羽曳野市市政対策委員に決定をいたしました。

 

プロフィール

1978年生まれ。大阪府羽曳野市出身。

羽曳野市立西浦小学校、羽曳野市立峰塚中学校、私立橿原学院高校、プロゴルファーとして活動後、一般企業を経て大阪府議会議員秘書を経験。
趣味: カラオケ、アウトドア、書道

 

お問い合わせ

おおつぼまさなおの活動にご興味を持っていただき、誠にありがとうござます。
ご意見、ご質問は、以下のお問い合わせ方法をご参照の上、お気軽にご連絡ください。

電話:072-921-3445

 

開催予定のイベント

  • イベント
    1月09日(木)
    東京会場
    2025年1月09日 11:30
    東京会場, 東京都新宿区
    この機会をお見逃しなく
  • イベント
    2月06日(木)
    東京会場
    2025年2月06日 10:00
    東京会場, 東京都新宿区
    他ではできない体験を
  • イベント
    3月17日(月)
    東京会場
    2025年3月17日 17:00
    東京会場, 東京都新宿区
    ぜひご参加ください